orphotograph

写真の今がわかるWeb情報マガジン

ニコン、Zシリーズに新たに「Z5」を追加

約 2 分

フルサイズミラーレスカメラとしてのスタンダードモデル

先立って発売している 「Nikon Z6」および「Nikon Z7」に新たに「Nikon Z5」が追加された。
発売日は、8月下旬となっており、価格もボディー単体で20万円を切る!という話だ。
フルサイズセンサー搭載のエントリーモデルとしてはコストパフォーマンスはかなりよく「ステップアップのためにフルサイズがほしい!」という人にはおすすの機種だし、今から購入を検討している人のファーストモデルとしてもおすすめだ。
Z6およびZ7と比較しても、入門モデルとして申し分のない性能。むしろ、メディアスロットがSDカードのデュアルストットになったことで、今までのカード資産を使い回せるし、何よりもXQDカードに比べて安価なため、ランニングコストを安くすることができる。
最近のニコンがチカラを入れていると感じる「Creative Picture Control」と軽量なレンズと組み合わせることで、面倒なRAW現像処理もなく、自分のイメージになった写真を撮れ、撮影時には軽量なカメラシステムでライトな撮影ができてしまうマルチカメラとして市場需要があることは間違いないだろう。
これからの時代はいかにビギナーおよびミドルクラスの写真愛好家を取り込めるかがポイントになる。そのための好バランスなフルサイズミラーレスカメラと言えるだろう。

発売日前には、レビュー記事を掲載できたらと思っているので、お待ち下さい。


ニコン「Z5」 https://www.nikon-image.com/products/mirrorless/lineup/z_5/

投げ銭でサポーターになる