堤 渚紗  NAGISA tsutsumi

堤 渚紗  NAGISA tsutsumi

第三章 あどけない一面が素敵だ

出合ったときには大人だったキミも
少しずつ「子ども」になる。
女性の魅力は多面性だ。
迷いながら生きている今の20代。
それでも正解はないから自分で探すしかない。
そんなときに感じてほしいのは「ジブン」だ。
大人なジブン。
子どものジブン。
たくさんのジブン。
どれも彼女を構成する要素だ。
今を生きようとするキミは、美しい。

堤 渚紗  NAGISA tsutsumi

都内の大学に通う3年生。これからの進路を迷いながらも自分らしい生き方を模索中。大学では野球部のマネジャーだとか。2020ミス・アース岩手代表に選ばれ本戦へ向けて自分磨き中。

Panasonic LUMIX G9 PRO
Canon EOS 5D MarkⅡ
RICOH GXR