富澤絢愛  AYAME tomizawa

富澤絢愛  AYAME tomizawa

第三章 魅惑の温泉街

ここは国内有数の温泉街。
僕の大好きな街でもある。
少し雰囲気が変わってきた彼女は、
とても軽やかにそしてどこか色気がある。
これこそ、「温泉マジック」なのか……。
少しやんちゃな雰囲気をかもしだすキミに、
この街はとても似合うのだ。
知的さと無邪気さが同化する女性。
そのギャップは、いつの時代でも美しい。

See You Again……

富澤絢愛  AYAME tomizawa

とても知的でキュートな女性。時事問題にも興味があり、さらに様々な社会システムに精通する。尊敬しているのは父親だと話してくれた。その絆こそが彼女の構成する要素の中で大きいのだと感じさせてくれる女性。

Sony α6500