金度延 KIM DOYON

第一章 「自分のコト」 from 神奈川. 感じたままに進んでいくキミの後姿はどこか懐かしい。よき古き時代の女性のそんな匂いが漂っている。自分を持ち、そしてそれを曲げない。傷つくことも辛いこともあるけど、それでも自分のことを信じている。そういう眼はいつでも芯のある輝きがある。 第二章に続く