マクロレンズ2本でポートレートのバリエーションが広がっていく

撮り手の想像力を掻き立ててくれる  2018年11月から発売したニコンのフルサイズミラーレスカメラ「Z」シリーズ。発売当初は純正レンズの拡充がどこまでされるのか不安視する声があったが、約3年で18本の純正レンズが発売されている。驚異的なスピードで増え続けているZマウントレンズ。 今回発売されたNIKKOR Z MC 50mm f/2.8とNIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sは、どちらもZマウント初の「マイクロレンズ」だ。ニコンは厳密な言い方にこだわっているため、通称「マクロレンズ」と言われているものを「マイクロレンズ」と表記している。本来マクロレンズとは原寸大以上の倍率が得られる顕微鏡のような拡大光学系のレンズの…